屋上緑化によるメリット

ビル

修繕費や光熱費の節約に

近年都市部を中心としてビルの屋上で行われるようになっているのが屋上緑化です。屋上緑化はビルの屋上部分に草木を植えることで省エネ効果を得られるというものです。ビルを維持するためには多くのお金が必要となりますが、屋上緑化によってそういったビルの維持費を節約出来る省エネ効果が期待出来るのです。屋上緑化による省エネ効果としては光熱費の節約があります。光熱費は支出の中でも大きな割合を占めるものですが、植物が太陽光を遮ることによって断熱効果を得ることが出来るのです。その結果としてビルの中の温度が一定に保たれるようになり、光熱費を抑えられる省エネ効果が期待出来るのです。また、植物は太陽光を遮るだけではなく紫外線を遮る効果もあります。紫外線は長期間当たることでコンクリートを劣化させる働きがあるため、これを防ぐことでビルの修繕費も節約することが出来るようになるのです。屋上緑化だけではなく壁面緑化もすることで、更に省エネ効果を高めることも出来ます。また、屋上部分を屋上緑化によって公園にすることで憩いの場として活用することも出来るのです。都市緑地保全方などによって都市部を中心にして多くのビルで採用するようになっている屋上緑化ですが、緑地化した面積によっては自治体が助成金を出す場合もあります。そのため、屋上緑地にはそれなりの費用がありますが助成金と省エネ効果によって結果的に得をするケースも多くなっているのです。

Copyright© 2017 【回りに配慮した施工をおこなってくれる】解体工事は業者に頼もう All Rights Reserved.