リートとは不動産投資の強い味方【信託して資産UP】

不動産

少額で不動産投資しよう

注目の投資商品です

不動産

上場不動産投資信託が投資商品として注目されています。安定した収入を得ることができるうえに、キャピタルゲインも狙えるという点が魅力的です。上場不動産投資信託は株式市場で売買することができるため、証券会社に口座を保有していればすぐに取引をすることができます。但し、一言に上場不動産投資信託といっても、その銘柄は多種多様なので、各銘柄の特徴をきちんと押さえて、自分の嗜好に合ったものを選ぶようにすると良いです。ほとんどの銘柄は数十万円程度で取引されていますが、中には1口数万円程度で購入することができる銘柄もありますので、まずは少額で始めてみて、慣れてきたら徐々に取引を増やしていくというのも1つの投資手法といえます。

種類は様々です

上場不動産投資信託の種類には、ファミリータイプマンション等のレジデンス系で運用をしているもの、オフィスビルを保有しているものの他にホテルや商業施設、介護施設、物流施設等で運用をしているものもあります。これらのいずれか1つの種別に特化しているものあれば、複数の種類に投資をしている銘柄もあります。レジデンス系や商業施設系、介護施設系の銘柄はどの時期においても収入が安定している一方で、オフィスビル系の銘柄は景気の良いときには分配金も増配しやすく、景気が悪いときには減配を繰り返すといった特徴があります。そのため、レジデンス系等の銘柄に比べ、オフィスビル系の銘柄は時期によって投資口価格が変動しやすく、大きなキャピタルゲインを得られるチャンスもあります。